ImageGeterは画像ファイル以外もダウンロードできる

ImageGeterでダウンロードできるのは画像ファイルだけではない。
拡張子を指定して、あらゆるファイルを自動ダウンロードできる。
http://www.mactecrollformingmachine.com/

そこで、動画サンプルファイルのまとめサイトから、動画クリップだけを根こそぎゲットしてみよう。
ポイントはサムネイル画像を範囲選択し、右クリック→「ImageGeterに選択範囲のURLを登録」をクリックすること、ダウンロード設定の「ファイル条件」で、動画ファイルの拡張子を設定することだ。
あとは自動的に動画ファイルだけを保存してくれる。
この簡便さは革命的だ。

Google画像検索の結果から、画像ファイルをまとめて保存することもできる。
サイト追加エリア下の「追加」ボタンをクリックし、「Google画像検索」を選択して、検索ワードを入力しよう。
その後「個別ダウンロード開始」ボタンをクリックすればいい。

常日頃から高性能な自動巡回ダウンローダーが欲しいと思っていただけに、このアップデートは非常にうれしいところだ。
桃花スリムの口コミ・副作用

外付けHDDを買う時に役立つ知識

ただでさえキーボードやマウス、プリンタの接続で埋まることが多いうえ、USBメモリやゲームパッド、ワンセグチューナーに無線LANと、何かとUSBポートはふさがりやすい。
USBポートの数が足りないなら、別途USBを購入してポート数を増やしておこう。
http://www.davidandanneplusone.com/

外付けHDDはそれなりに安くて、保証もしっかりしていて、どこでも買えるバッファローかアイ・オー・データの製品を選んでおけば間違いない。
ネットでは価格が暴落しにくい周辺機器なので、セール時にポイントやUSBメモリのおまけがつく大手量販店で買った方が安い場合も。

有効画素数の大きさで選べばよかった以前とは違い、最近のデジカメは付加機能が画質を大きく左右する。
コンパクトデジカメの動向をメインに、現在の要チェック機能を見ていこう。
少し前までは高画素数=高画質と盛んに宣伝されていたが、普通に使う分には600万~700万画素もあれば十分すぎるスペックだ。
リシリッチ 利尻ヘアクリーム 口コミ