数を言えることと数を理解することは違う

50まで言えるから50まで理解しているというわけではありません。
数の理解の目安は幼児期では年齢と同じ数といわれています。
例えば5歳ならば、5人で飴を食べる時には飴は5個いるんだと分かること。
遊びや生活の中で、数を自然に教えてあげるといいですね。
http://www.pontiac-auto-body-parts-online.com/

小学校に入ると覚える漢字がどんどんでてきて大変だから、形で覚える小さいころに早くから教えた方がいいという話を聞き、息子が年中の時に遊び感覚で漢字カードを使ってみました。
すると檸檬とか家鴨とか、大人だって考えてしまうような漢字もスラスラ読めるようになってびっくり。
パパと「うちの息子は天才かも」なんて話したこともありました。

でも3年生になった今では、もうすっかりその頃覚えた漢字は忘れてしまいました。
忘れてしまったことは残念ですが、漢字カードはまるでカルタみたいで楽しかったので、あれはあれでよかったと思っています。
http://okyaku119.com/

子供を伴って出かけられるコスパに優れた海外旅行について

低年齢児が一緒に行く海外へのツアーでは、フライト中の注意も肝要な事です。
例えばハワイ諸島はウケの良いレジャースポットなのですが、
その代り移動に要する時間が長めです。
他方で南洋地域や日本周辺にある国でしたら短いフライトしか掛かりませんので、
同行者が感じる負担は少なくて済みます。

家族連れに好評な行き先としては、
ハワイですとかサイパン・グアムなどの保養地ではないでしょうか。
ファミリーパックで、お得な休暇を繰り返す常連も沢山いると言われます。

海外ツアーを心地よく楽しみつくす上で懸念事項がある時は、
あらかじめ対処を図りましょう。
殊に小さい子連れの場合ですと、
緊急時についてトラブルシューティングをリサーチしておけば安心です。
活用できるオプションは存分に使った上で
思い出に残る旅路をプランニングして下さい。

ファミリーパックを利用して何度か海外に出かけたことがある私は近頃、
ヤれる子!電車エッチ 青水庵・まろん☆まろんのことが
ちょっと尋常ではないくらい気になっています。