ファイル共有ソフトを使うと人は

見たい動画が、聞きたい曲が、使ってみたいアプリケーションが
パソコンをいじっているだけで簡単に手に入ってしまう「ファイル共有ソフト」。

「なぜ引きこもってしまうのか?」と聞かれても、それがなぜかは容易に想像できるだろう。
何しろ「商品」であるはずの各種ファイルがタダで「簡単」に手に入るですから、
それが犯罪だと自覚しているユーザーでも、モラルはみるみるうちに低下していくのであります。

そして自由にファイルを手に入れられることを知ったユーザーは、
さらなる欲望のためにファイル共有に釘付けとなり、
ダウンロードしたファイルを閲覧、利用するためにますますパソコンに釘付け。

そんな人をダメにしてしまうファイル共有ソフトに手を出さなくてよかったと思っている私は最近、
ヤらないと死んじゃう病のことをもっとよく知りたいと思っています。